『デリヘル嬢のための風俗業界入門書』

grayscale photo of woman with her mouth wide openデリバリーヘルス

デリヘル嬢とは?

デリヘル嬢とは、「デリバリーヘルス」の略で、お客さんの元へ出向いて性的なサービスを提供する女性のことを指します。デリヘルは、出張型風俗の一種で、お客さんの自宅やホテルなど、指定された場所へ出向いてサービスを行うことが特徴です。

デリヘル嬢の業務内容

デリヘル嬢は、お客さんの元へ出向いて性的なサービスを提供することが主な業務内容です。サービス内容は、手コキやフェラ、素股、本番など様々で、お客さんの要望に応じたサービスを提供することが求められます。また、接客やコミュニケーション能力も重要なスキルであり、お客さんとのコミュニケーションを円滑に進めることが必要です。デリヘル嬢は、常にお客さんのニーズに合わせたサービスを提供するため、多様な技術やサービス内容に熟練する必要があります。

デリヘル嬢の求人について

デリヘル嬢の求人は、風俗業界で最も多い求人の一つです。募集される女性の条件は、年齢や容姿、スキルなどによって異なりますが、20代後半から30代前半の女性が多く募集されています。勤務時間は、昼間の時間帯から深夜までの時間帯まで幅広く、自分の都合に合わせた勤務が可能な場合が多いです。報酬については、出勤日数や勤務時間、サービス内容などによって異なりますが、高額な報酬が期待できることが特徴です。ただし、長時間の勤務や身体的な負担が大きいことが求人条件の一つとなっているため、自分の体力やスキルに合った求人を選ぶことが重要です。

デリヘル嬢の注意点

デリヘル嬢として働く場合、性風俗業界であることに注意する必要があります。健康面やセキュリティ面に配慮しながら働くことが求められます。健康面については、定期的な健康診断を受けることが大切であり、性感染症にかかるリスクがあるため、セーフセックスを徹底することが必要です。また、セキュリティ面についても、身分証明書の提出や、出勤前に現地での待ち合わせ場所を確認することが重要です。特に、初めての出勤や新しいお客さんの場合は、事前に情報を確認することが大切です。

さらに、お客さんとのトラブルを避けるためにも、事前にサービス内容や料金について明確にしておくことが大切です。また、お客さんによっては、精神的に追い詰められたり、暴力的になることがあるため、適切な判断力を身につけることも必要です。デリヘル嬢として働く場合は、これらの注意点をしっかりと守り、安全かつ健康的に働くことが大切です。

風俗嬢として働くということ

風俗とは?

風俗とは、性的なサービスを提供する業種のことを指します。風俗店は、店舗型と出張型の2つに分かれており、デリヘルは出張型の風俗店の一種です。風俗店で働く場合、お客さんとの性的な行為を行うことが基本的な業務内容となります。

風俗嬢の業務内容

風俗嬢の業務内容は、お客さんに対して性的なサービスを提供することです。デリヘル嬢の場合、お客さんの指定した場所に出向き、指名されたサービスを提供することが求められます。基本的には、お客さんとの性的な行為が主な業務内容ですが、会話やマッサージなど、お客さんが望むサービスに応じることもあります。

NG客との付き合い方

風俗嬢の中には、NG客と呼ばれる、サービスを受けることができないお客さんが存在します。例えば、酔っ払っている、暴力的な態度を取る、身体に傷や病気があるなどです。NG客に出会ってしまった場合、そのお客さんにはサービスを提供することはできません。NG客との付き合い方には、店舗や事務所に報告することが重要です。

指名客の増やし方

指名客を増やすためのコツ

風俗嬢にとって、指名客は収入の安定につながります。指名客を増やすためには、以下のコツがあります。

  • お客さんとの会話を大切にする
  • お客さんの好みや嗜好に合わせたサービスを提供する
  • 清潔感や身だしなみに気を配る
  • お客さんからのリクエストに素早く対応する
  • お客さんの要望を聞き取りやすいように、丁寧な言葉遣いを心がける

お客さんとの距離感

風俗嬢とお客さんとの距離感は、個人差があります。お客さんと親密な関係を持つことがある反面、プロとして接することも必要です。基本的には、お客さんに合わせた距離感を保つことが大切です。プライベートを話しすぎないようにし、お客さんが納得するまで説明を繰り返すことが求められます。

ストーカー対策

ストーカーに遭ったら

風俗嬢は、ストーカー被害に遭う可能性があります。ストーカー被害に遭った場合は、すぐに店舗や事務所に報告することが重要です。また、警察に相談することもできます。ストーカー対策としては、身辺の安全を確保するために、定期的に自宅や出勤時のルートを変えることも必要です。

ストーカーを予防するために

風俗嬢がストーカー被害に遭わないためには、以下の予防策があります。

  • プライバシーに注意し、個人情報を守る
  • お客さんからの連絡先の交換は控える
  • 出勤時間や自宅の住所など、個人情報を漏らさない
  • お客さんとの会話でプライベートなことを話しすぎない

ナイトワークでの悩みと向き合い方

職場での人間関係のトラブル

風俗嬢が働くナイトワークの職場で、人間関係のトラブルが発生することがあります。トラブルの原因は様々で、噂話や嫉妬心などが挙げられます。トラブルを解決するためには、まずは相手の話をしっかりと聞き、冷静な対応を心がけることが必要です。もし自分が悪いと思う場合は、謝罪することも大切です。ただし、トラブルを引き起こした相手には、厳しく注意することも必要です。

仕事に疲れた時の対処法

風俗嬢は、長時間の立ち仕事やストレスの多い仕事をしているため、疲れがたまりやすいです。仕事に疲れたときには、以下のような方法でリフレッシュすることが大切です。

  • 好きな趣味に時間を費やす
  • マッサージやエステに行く
  • ストレッチや軽い運動をする
  • 睡眠時間をしっかり確保する

将来について考える

風俗嬢は、高収入を得られる反面、長時間の労働やストレスがかかる仕事です。そのため、将来について考えることも必要です。将来的には風俗業界以外の仕事に就きたいと考える場合は、資格取得やスキルアップなどの勉強をすることが重要です。

まとめ

風俗嬢として働くことは、高収入を得られる反面、身体的・精神的な負担が大きく、ストーカー被害に遭う可能性もあります。そのため、安全面に気を配り、ストレス発散や将来に向けての勉強をすることが必要です。また、人間関係のトラブルに遭わないためには、相手の話をしっかり聞き、冷静な対応を心がけることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました